An anchor for my soul

I had something else in my mind to write about tonight. Something other than what you will instead find in the space below. When I’m in the shower or driving and inspiration for a post strikes I jot it down. But having more ideas than time means that the list is getting longer. This frustrates me because I have the supreme adversity of being a postpartum, type B perfectionist. All that means is that every time I actually get the drive and inspiration to write, something (like a nursing baby) takes higher priority the second I sit down. But when circumstances for writing are perfect the free spirit in me rises up and shakes her chains and says “nope, you’re not writing tonight.” And then because I’m a perfectionist I chide myself for being a “bad blogger”. Such is life.   So I walked out into my backyard tonight to water the garden before settling in to write about a, b, or c topic on my aforementioned list but immediately I knew my fingers and toes and chest and belly were rising up with a story of their own. Because the moment my feet hit the grass on my walk to the garden the wind picked up and my whole body reacted to its meaning: change.

Fall is blowing in. A new season. Already, my mind asks? My baby was born in the winter, on the cusp of spring, but still two seasons ago. I wholeheartedly welcome the fall time in the Pacific Northwest. Autumn is my soul sister. But already? My son will be 6 months old this week. Half of a rotation. Half of a year. He sits up unassisted and babbles constantly, rolls across the floor or bed to what he wants. And in the same way that he was born, he greets the world face up, always joyfully grasping at life. And while I welcome days of more sleep and more independence I also crave the feeling of wrinkled newborn feet beneath my fingers. Every emotion that I didn’t yet have words for overwhelmed me in the face of this evening’s wonderfully cool breeze. I looked at my garden and took in its growth and ripeness, so close to harvest. Behind me the maple was tossing its first leaves to the ground. The first year postpartum is so much like the changing seasons. Somehow each day that lasts an eternity is over when we blink our eyes. We simultaneously love and hate the feedings and bathing and changings and forget to look up until the breeze hits our skin and suddenly we’re staring at the stars.

One of most overwhelming parts about the first year after our child’s birth is the sheer constancy of change. Just when we think we have a handle on something the rug is pulled out from beneath us. It’s really hard to feel like you’ve figured something out with your baby only to have a new milestone disrupt it two days later. Did you hear me? I said it’s HARD. It’s frustrating and exhausting and can leave you feeling really, truly powerless. Mamas, I am giving you permission to admit that all of this change is rough stuff. And I’m also going to let you in on another well-kept secret…it doesn’t exactly stop as they get older. There is always going to be change. Longer legs don’t just mean new clothes and a bigger bed. Longer legs can carry small bodies up and down stairs. Longer legs mean growing pains, and new words, and then school. Friendships and hurt feelings.  Eye exams and allergies. Every season will bring nuances to our kids that we love and some that we don’t really understand or care for.  But this first year is by far the most intense. It’s the year that strengthens us and builds up our stamina for the rest that we are given. It’s also the year that we fall unabashedly in love with our children. So much in love that on days when we are pulling our hair out because yesterday’s “get the baby to nap” trick fails we swallow our tears and keep at it. Love that shows us a bit more of what our Father’s love for us feels like.

Tonight as I swallowed the tightness in my chest God told me to press in to my fear and exhaustion. He gave me permission to feel it and explore its roots. But once I was done, I knew I was supposed to surrender. To bring my broken mothering and my broken offering to His feet where I could be embraced just as I embrace my son and daughter. With a ferocity of unconditional love. I have a ballast in Him. An anchor for my soul, and security that unlike everything else around me cannot be moved. Press in, dear ones. There is strength and peace to be found in every season. Even in the very hardest ones.


155,874 thoughts on “An anchor for my soul”

  1. ampicillin cellular target generic names ampicillin generic name of ampicillin sulbactam ampicillin drug prescriptions ampicillin generic dosage forms ampicillin sodium generic name ampicillin generic principen ampicillin pharmacokinetics animals ampicil

  2. facebook find love –
    I’m not that much of a online reader to be honest but
    your sites really nice, keep it up! I’ll go ahead and
    bookmark your website to come back down the road.
    Many thanks

  3.  Office 2013とOffice 365の機能の差が分かりにくいということもあるだろうが、IT担当者がOffice 365へ移行せずにOffice 2013を使い続ける理由には、ユーザーの事情や技術的問題が関係している場合もある。 223年(黄初4年)3月19日、56歳で死去。 [url=]microsoft office 安い[/url]
     もう一つの興味は、長年何の変哲もなく使ってきた「ペイント」ソフトがこの更新に伴って、3D化することだ。 試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。
    [url=]produkey office 2016[/url] 【柿の日】全国果樹研究連合会カキ部会が柿の販売促進を目的に制定した日。 その後発生した問題といえばUSBポートの一部が使えなくなったことです。
    [url=]office2013 メディア 購入[/url]試験番号:70-695問題集試験科目:Deploying Windows Devices and Enterprise Apps最近更新時間:2016-03-10問題と解答:全95問 70-695問題無料100%の返金保証。 コントロールパネルを開き「システムとセキュリティ」→「Windows Update」で「インストールされた更新プログラムを表示」画面を表示させます。 [url=]office 2013 価格[/url]
    しかし、Microsoft Projectの代わりにその他互換性のあるアプリケーションが利用可能です。 当初は、年齢のせいもあってキーボードの入力からして苦労の連続でした。
    [url=]アドビ 販売[/url] 「サインインしてくださいね」 の表示が・・・・・・・・・をい!なんだこれは!!ふざけるな。 コンピュータを起動すると、まずはおなじみのデスクトップ…ではなく、Win8では「スタート」という画面が表示されます。
    [url=]Adobe Acrobat 11 pro[/url]

  4. これ何してるトコ?   実はフォルダー内のファイルに付いたアルファベット順の名前を1からの数字に置き換えているところなんです。 これを適切に行った人には今回の被害は起きていないはずです。 [url=]office2010 メディア 購入[/url]
    ・:*:・°★ 少しずつ 片目を こじ開けながら これで 幾度目の 目薬を 投入したと 言うのだろう 綺麗な 瞳に 成れなくて 華麗な 心に 慣れなくて 馴れ過ぎた 戯れ言ばかり だけど それも 毎日じゃあ 無い ★,。 それとスタートアップに、マウスジェスチャーソフトを登録。
    [url=]microsoft excel 価格[/url] ウイルスメールの添付ファイル対策一般的に 『不審なファイルを開かない』 といった精神論的なウイルスメール対策は誰でも思いつきます。 中にはまとめて11連休という豪華な連休を取る人もいるが、大方の人は前半と後半に分かれて連休を取るようだ。
    [url=]Adobe Acrobat[/url]
    日本企業では40%以上はまだXPを使用しているとのことで、当然officeも2003(もしくはXP?こちらはとうにサポート切れてますが・・・)かと。  なお,イベントの詳細については後ほどレポートする予定だ。 [url=]office2013 メディア 購入[/url]
     WindowsPad8.1とWindowsPhone8.1の運用で気付いたのは、iPadとiPhoneではダイレクト繋げない親和性がいとも簡単に構築できることでした。 わざわざ斜線が表示されるということは、不具合というより意図した仕様なのかもしれませんが・・・新しいウィンドウで開いても同じ現象が見られました。
    [url=]アドビ 価格[/url]  特に面白かったのは、複数のユーザーを同時にサーバに接続しての共有と連携システムだ。 WindowsServer2012 を実行する サーバー上の Windows 展開サービスサーバーの役割をインストールします。
    [url=]office personal 2016 ダウンロード 版[/url]

  5. Alike without counting calories most overweight people feed-bag away fewer calories on hushed carb. Sugar and starch may augment your hunger, while avoiding them may lowering your the fallible race to an no great shakes level. If your the authorities wants to from an impound covey of calories you don’t sine qua non to nettle counting them.

  6. また違う関係者も「事実かどうかは別として、名前がチラシに取り上げられたことだけでもイメージが傷つく。 2 寄付受付期間2015年6月6日から2017年6月5日までの2年間でした。 [url=] 相棒DVDBOX [/url]
    “ガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性)”刑事カン・ソジュ役を引き受けたソヒョンは、銃を持ち正面を狙いながら「野郎でも貴様でも、最後まで捕まえる」というキャッチコピーで、熱血刑事のキャラクターそのままの姿を見せた。 この配信待っていた方多いのでしょうネ~人気ランキング上位入ってます。
    [url=]5→9(5時から9時まで[/url] 今回、日本のファンだけに向けて、劇中で胸キュンのラブストーリーをみせてくれたソンジュン、ハン・イェスルよりクリスマスメッセージが到着。 キム・ミンソクは、人気の理由は先輩の俳優たちや制作陣にあると話し、感謝の気持ちを伝えた。
    [url=]2375;たお坊さん~ 新作[/url]
    コン・ユに対する台湾マスコミの反応は熱いものだった。 以上で、今回の報告(レポート)を終わります。 [url=] 相棒 人気 [/url]
    葬儀の後、父の部屋が荒らされていることに気付いたテギョン。 『シンデレラと4人の騎士<ナイト>』はチョン・イル-アン・ジェヒョンがベストブロマンス賞を受賞すると共に、ベストコメディドラマ賞も受賞し、『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』もベストアンサンブル賞とベスト時代劇賞を受賞して2冠王になった。
    [url=]三国志 three kingdoms DVD [/url] /read?oid=213&aid=0000952529。 キム・ウォンソク作家は、『女王の教室』もリメイクとして書いた方の男性作家。
    [url=]{太陽の末裔 キャスト|太陽の末裔 動画|太陽の末裔 DVD|太陽の末裔 DVDBOX|太陽の末裔 価格|太陽の末裔 人気|太陽の末裔 人気|太陽の末裔 ドラマ}[/url]

  7. 銀色に輝く箱が!『ARASHI 10th ANNIVERSARY』と書かれた箱が入ってました~~~おめでとう!すごいよね。 19日午後に放送されたケーブルTV tvN『花より青春 in アフリカ』では、tvNドラマ『応答せよ1988』の主役アン・ジェホン、リュ・ジュンヨル、コ・ギョンピョ、パク・ボゴムがアフリカのナミビアへ出発する姿が描かれた。 [url=] DVD排行榜 [/url]
    10日午前、YGは最近イ・ジョンソクと専属契約を結んだことを公式に発表した。 その座にすっと収まるという・・・そういうことですよね。
    [url=] 水滸伝 ドラマ[/url] 「太陽の末裔」でこの女優が気になっていました。 中国でのコンサートや広告出演収入などを不正に韓国に持ち込んでいたとも報道された。
    [url=] 相棒DVDBOX [/url]
    こうして手術の準備は着々とすすんでいきました。 もちろんテレビ局としてはこうした場合に担当部署を通じてそのサイト運営者に抗議してすぐに削除させるのだが、しばらくするとまた別のサイトに同じような女児の画像がさらされる。 [url=]相棒 DVD[/url]
    実際毒を食べたらしきねずみが死んでいることもありました。 光一くん歩きだすも…「もう無理ですっ」おんぶ終了~。
    [url=]5→9(5時から9時まで)~私に恋したお坊さん~[/url] 今回のNHKが記事にした専門学校に行けないから夢をあきらめなくてはいけないなんてずいぶん贅沢なわがままをしているなとしかブログ主には考えられません。 本質的な演技をよくしなければという気持ちを分かっ、ジンジュンハムを学びました。
    [url=] 宮廷の諍い女 人気 [/url]

  8. Recompense that diplomatic without counting calories most overweight people deliver a bite away fewer calories on together carb. Sugar and starch may spread your hungriness, while avoiding them may lowering your lover to an passably level. If your assemblage wants to from an germane loads of calories you don’t angst to madden counting them.

  9. An attention-grabbing dialogue is value comment. I believe that you must write more on this matter, it might not be a taboo subject but typically people are not enough to speak on such topics. To the next. Cheers

  10. Coextensive with without counting calories most overweight people suffer considerably fewer calories on hushed carb. Sugar and starch may proliferating your ravenousness, while avoiding them may lowering your yearning to an ample level. If your hunk wants to section an filch across covey of calories you don’t anxiety to hector counting them.

  11. You have videos and you hav uploaded them yet no 1 views
    your videos. What is the problem and why is noo 1 currently seeing
    your videos? You need to lewarn how to get your video in front of people, or else there’s
    absolutely no purpose to investing time. Should you use a service such as Film Craze, you can share your
    video and receive views to your video. Film Craze is an independent film maker’s best friend!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *